XM(XMTrading)の入金方法でのおすすめを解説【2021年最新版】

XM Tradingへの入金方法は2021年2月現在、全部で8種類の入金方法が用意されています。とはいえ、ユーザーの多くは『国内銀行送金』と『クレジットカード』を利用しており、他の入金方法はあまり使われていないのが現状なので、これら2つの入金方法の手順を把握しておけば問題ないでしょう。

しかしながら、国内銀行送金は銀行営業時間外はすぐに入金が反映しない、使えるクレジットカードに限りがあるといったケースも出てきます。そこで登場するのがその他の便利な入金方法です。

これらをうまく使いこなして、是非ともXM Tradingの入金方法をマスターして頂きたいと思います。

XM Tradingの取引口座への入金手順と入金方法一覧

XMTrading公式サイト:https://www.xmtrading.com/jp/

取引口座への基本的な入金手順について

XM Tradingの取引口座を作成・有効化が完了したら、その次に取引口座への入金が必要になってきます。取引口座へ入金する際は、会員ページへログイン後に入金の手続きをする流れになります。

1:XM Tradingの会員ページへアクセスします。
2:MT4/MT5口座番号とパスワードを入力してログインします。
3:マイページにて『資金を入金する』をクリックします。
4:希望の入金方法を選択して入金の手続きを行います。

XM Tradingの入金方法一覧

入金方法手数料反映時間最低入金額
国内銀行送金無料 *130分〜1時間 *210,000円 *1
VISAカード無料即時反映500円
JCBカード無料即時反映10,000円
bitwallet無料即時反映500円
STICPAY無料即時〜数分以内500円
BXONE無料即時〜数分以内500円

  *1)1万円未満の入金は980円の手数料が発生します。また、振込手数料はユーザー負担になります。
  *2)銀行営業時間内に手続きを行なった場合の反映時間です。

利用目的に応じた入金方法まとめ

ここでは、数ある入金方法の中から目的に沿った入金方法を紹介していきます。口座への反映時間や入金の時間帯を考慮した方法などを各項目によって分類していますので参考にして下さい。

スピード重視で入金したい場合の入金方法

とにかく早く入金したい場合におすすめ

■クレジットカード(デビットカード):入金手数料が無料でXM Tradingに即時反映
■bitwallet・STICPAY・BXONE:ウォレット口座に入金しておけばいつでも入金が可能

コスパ重視で手数料を節約したい場合の入金方法

とにかく入金手数料を抑えたい場合におすすめ

■国内銀行送金:1万円以上の入金で手数料が無料、営業時間内なら最短30分で口座に反映
■クレジットカード(デビットカード):入金手数料が無料でXM Tradingに即時反映

15時以降に入金したい場合の入金方法

夕方や深夜帯に入金したい場合におすすめ

■bitwallet・STICPAY・BXONE:ウォレット口座に入金しておけばいつでも入金が可能
■クレジットカード(デビットカード):入金手数料が無料でXM Tradingに即時反映

XM Tradingの出金ルールと各出金方法の着金について

入金方法は数多くの方法があり、いろんなパターンが使えますが、出金に関しては基本的に海外銀行送金(銀行振込)になり、クレジットカードでの入金やbitwalletなどのオンラインウォレットから入金した場合も、入金額までは入金先のオンラインウォレットに出金ができますが、利益分を出金したい場合は海外銀行送金となりますので、出金を見据えて入金方法を考えたい場合は、最初から銀行送金で入金しておくと良いです。

2020年末から銀行送金での出金が国内銀行送金へと変更されました。

各出金方法における着金の詳細について

クレジットカードとbitwallet・STICPAY・BXONEの各種オンラインウォレットは入金額までは出金が可能なので、それらの着金までの詳細を項目別にまとめておきます。

送金方法着金までの時間出金限度額
銀行送金2~5営業日無制限
クレジットカード2営業日〜1ヶ月入金額と同額
bitwallet即時~24時間以内入金額と同額
STICPAY即時~24時間以内入金額と同額
BXONE即時~24時間以内入金額と同額

複数の方法で入金した場合の出金順序について

入金方法が一つの場合の出金方法は基本的に入金方法と同じルートで出金され、利益分は全て銀行送金となりますが、複数の方法で入金をした場合の出金はどのように処理されるのでしょうか?

これにも明確なルールがあり、出金ルートにおける順序は『クレジットカード→オンラインウォレット→銀行送金』の順序で出金するという流れになります。

なお、複数の方法で入金した場合には、一旦銀行送金を選択して出金申請することで自動的に優先順位に従って出金処理をしてくれますので、入金した順番を覚えておかなくても大丈夫ですが、どのように出金処理がされるかを事前に把握しておくと後に混乱を招くことはないかと思います。

入金した方法とは異なる方法での出金ケース

XM Tradingでは、基本的に入金した方法で出金するというルールが設けられていますが、稀に同じ方法では出金ができないケースが出てきますので、その際は下記の項目を確認してみて下さい。

■クレジットカードの返金期限以降の出金
クレジットカードへ返金できるのはVISAカードのみですが、入金から原則3ヶ月が経過するとクレジットカードへの返金による出金ではなく銀行送金での出金になります。
*入金からの経過時間と返金期限についてはご使用のカードによって変動があります

■出金に利用できない方法で入金した際の出金
利用履歴のない方法での出金はできず、JCBカードの入金は全て銀行送金での出金になります。

■利用した入金方法の取扱い終了後の出金
以前はNETELLERやビットコインでの入金方法がありましたが、現在はそれらには対応しておらず、以前に対応していた入金方法が終了している場合も銀行送金での出金になります。

国内銀行送金による入金の方法と手順

国内銀行送金での入金は、XM Tradingの指定する日本国内の銀行に送金し、取引口座に資金を入金する方法です。振込先の指定銀行は日本国内の銀行なので、国内FX会社と同様にオンラインバンキングやATMで簡単に送金することが可能で、営業時間内であれば30分~1時間程度で入金が反映します。

国内銀行送金のポイント


■取引口座への入金反映までに30分~1時間程度の時間を要する
■オンラインバンキングやATMから入金が可能
■10,000円以上の入金で入金手数料が無料になる
■入金額とトレードで得た利益分をまとめて出金できる

銀行送金で入金した場合の出金の流れ

銀行送金で20万円を入金し、トレードで10万円の利益を獲得した時の出金の流れです。国内銀行送金の場合は、入金した20万円と利益の10万円をそのまま銀行送金にて出金が可能です。

国内銀行送金の入金手順

XM(XMTrading)の入金方法について:国内銀行送金編

XM Tradingでは、複数の入金方法を用意していますが、特にまとまった資金を入金したい場合に役に立つのが国内銀行送金(銀行振込)という入金方法です… 国内銀行送金の入金手順はこちら

クレジットカードによる入金の方法と手順

クレジットカードでの入金は、VISAもしくはJCBカードに対応しており、いずれかのカードから取引口座に資金を入金する方法です。手続きが完了すると即時反映されるのが特徴です。

ただし、JCBで入金した際の出金は全額銀行送金となり、VISAでの入金も原則3ヶ月以上経過した場合の出金については、JCBと同様に全額銀行送金での出金になります。

クレジットカードのポイント


■入金手数料が無料で取引口座へ即時反映される
■カードブランドはVISAとJCBに対応
■最低入金額はVISAが500円、JCBは10,000円から入金可能
■JCBでの入金は、全額銀行送金での出金になる

■VISAでの入金も原則3ヶ月が経過した場合の出金は銀行送金になる

クレジットカード(VISA)で入金した場合の出金の流れ

クレジットカードで20万円を入金し、トレードで10万円の利益を獲得した時の出金の流れです。クレジットカードの場合は、入金した20万円はカードへ返金され、利益の10万円を銀行送金にて出金となります。
*入金から原則3ヶ月が経過した場合の出金は全額銀行送金になります

クレジットカードの入金手順

XM(XMTrading)の入金方法について:クレジットカード編

XM Tradingでは、複数の入金方法を用意していますが、最も入金スピードが早いのがクレジットカードでの入金です。他にも国内銀行送金(銀行振込)や… クレジットカードの入金手順はこちら

bitwallet【ビットウォレット】による入金の方法と手順

bitwallet【ビットウォレット】での入金は、bitwallet【ビットウォレット】というオンラインウォレットに入金し、そこから取引口座に資金を入金する方法です。手続きが完了すると即時反映されます。

また、XM TradingではVISAかJCBしか利用できませんが、bitwallet【ビットウォレット】では、それ以外のmastercard・American Express・Dinersなどのカードで入金ができるので、それらのカードを使って一旦bitwallet【ビットウォレット】へ入金し、そこからXM Tradingへ入金することが可能です。

bitwallet【ビットウォレット】のポイント


■入金手数料が無料で取引口座へ即時反映される
■XM Trading日本円(JPY)の取引口座にのみ入金が可能
■入金額と同額まで出金が可能で利益分は銀行送金になる

■XM Tradingでは対応していないカードブランドが使用できる

bitwallet【ビットウォレット】で入金した場合の出金の流れ

bitwallet【ビットウォレット】で20万円を入金し、トレードで10万円の利益を獲得した時の出金の流れです。bitwallet【ビットウォレット】の場合は、入金した20万円はbitwallet【ビットウォレット】へ出金され、利益の10万円を銀行送金にて出金となります。

bitwallet【ビットウォレット】の入金手順

XM(XMTrading)の入金方法について:bitwallet【ビットウォレット】編

XM Tradaingの入金または出金方法の一つにbitwallet【ビットウォレット】… bitwallet【ビットウォレット】の入金手順はこちら

STICPAY【スティックペイ】による入金の方法と手順

STICPAY【スティックペイ】での入金は、bitwallet【ビットウォレット】と同様にSTICPAY【スティックペイ】に入金し、そこから取引口座に資金を入金する方法です。手続きが完了すると即時反映されます。

また、bitwallet【ビットウォレット】では、日本円(JPY)の取引口座にしか入金できませんが、STICPAY【スティックペイ】は、円(JPY)ドル(USD)ユーロ(EUR)建ての全ての口座に入金が可能なので、JPY口座以外の取引口座をお持ちの方にも利便性が高いといえます。

STICPAY【スティックペイ】のポイント


■入金手数料が無料で取引口座へ即時反映される
■XM Tradingの日本円(JPY)建て以外の取引口座にも入金が可能
■入金額と同額まで出金が可能で利益分は銀行送金になる

■XM Tradingでは対応していないカードブランドが使用できる

STICPAY【スティックペイ】で入金した場合の出金の流れ

STICPAY【スティックペイ】で20万円を入金し、トレードで10万円の利益を獲得した時の出金の流れです。STICPAY【スティックペイ】の場合は、入金した20万円はSTICPAY【スティックペイ】へ出金され、利益の10万円を銀行送金にて出金となります。

STICPAY【スティックペイ】の入金手順

XM(XMTrading)の入金方法について:STICPAY・BXONE編

STICPAY【スティックペイ】とは、世界で数百万人に利用されている… STICPAY【スティックペイ】の入金手順はこちら

BXONE【ビーエックスワン】による入金の方法と手順

BXONE【ビーエックスワン】での入金についても、先にBXONE【ビーエックスワン】に入金を行い、そこから取引口座に資金を入金する流れです。手続きが完了すると即時反映されます。

また、bitwallet【ビットウォレット】と同様にXM Tradingへの入金については、現在のところ日本円(JPY)口座のみとなりますので、ドル(USD)口座やユーロ(EUR)口座には非対応となります。

BXONE【ビーエックスワン】のポイント


■入金手数料が無料で取引口座へ即時反映される
■XM Tradingの日本円(JPY)の取引口座にのみ入金が可能
■入金額と同額まで出金が可能で利益分は銀行送金になる

■仮想通貨を使用した入金にも対応している

BXONE【ビーエックスワン】で入金した場合の出金の流れ

BXONE【ビーエックスワン】で20万円を入金し、トレードで10万円の利益を獲得した時の出金の流れです。BXONE【ビーエックスワン】の場合は、入金した20万円はBXONE【ビーエックスワン】へ出金され、利益の10万円を銀行送金にて出金となります。

BXONE【ビーエックスワン】の入金手順

XM(XMTrading)の入金方法について:STICPAY・BXONE編

BXONE【ビーエックスワン】は、bitwallet【ビットウォレット】や… BXONE【ビーエックスワン】の入金手順はこちら

XM Tradingは入金方法が充実している

このように、XM Tradingでは多くの入金方法が用意されています。ここで取り上げた入金方法はメインとなる方法ですが、これまでの流れからすると、今後もどんどん入金方法が増えていくでしょう。

海外FX会社とはいえ、国内FX業者の入金方法と比べても何ら遜色なく、各種ボーナスも非常に充実しているXM Tradingで、あなたも口座開設してみてはいかがでしょうか。